管理人のヘルペス体験

ヘルペスに有効的な医薬品・ゾビラックス

ヘルペスに有効的な医薬品・ゾビラックス

ヘルペスウイルス

ヘルペスの原因はヘルペスウイルスが原因となり発症します。ウイルスとは細菌と違って、目に見えないものすごく小さな微生物です。細菌より小さいので、体のいたるところに侵入し、その際には痛みや痒みをともなう赤い発疹が出るのが特徴です。感染力も非常に強いので、患部の接触や性行為で感染するので、感染した場合はすぐに治療を始める必要があります。
そのためセックスなど性行為を行う際にはコンドームを装着してから及んでください。そして、パートナーのどちらかが感染した場合はきちんと伝えてください。情報を共有するだけでも感染の拡大を防ぐ事ができます。

症状としては発疹が出来てそれが次第に集まっていきます。すると大きくなっていき、やがて破れてしまって中から透明な体液が出てきます。場合によっては出血をすることもあります。順番として、ニキビのような赤い発疹が体または性器に出始め、水ぶくれのようになり、最終的には破れて痛みを伴います。体液にはヘルペスウイルスが潜伏していますので、感染していない人に触れさせないようにしなければなりません。

ヘルペスに有効なゾビラックス

ヘルペスに有効なゾビラックス

またなんらかの措置を取らなければウイルスはどんどん増殖し、症状の悪化に繋がるため非常に辛い思いをしなければなりません。薬を使わないと治療はできず、回復までには日数もかかります。そこで紹介する薬がゾビラックスになります。ヘルペスの治療薬では非常に有名なものであり、代表的な薬の1つです。病院などの医療機関に行くと、ほとんどの病院がこの薬を処方します。その理由として、色んな種類のヘルペスに効果があり、副作用も出にくいという点があるためです。
製造・販売を行っているのはグラクソ・スミスクライン社です。イギリスに本社を置いている非常に有名な製薬メーカーであります。

しかしこの薬は服用回数が非常に多く、1日に5回も服用しなければなりません。そのため飲み忘れる方も多く、治療が疎かになる事も多いので、きちんと管理し根気強く治療をしていきましょう。1つ注意点ですがこの薬はウイルスを防ぐものであって、完全に消滅させるものではありません。ヘルペスウイルスに感染してしまうと一生涯体内の中に潜伏しているという事になります。健康であるならばそれは悪さをせず休息している状態ですので何も起こりません。しかしひどく疲れていたり免疫力が低下していると、抵抗力が落ちているため症状が出てきやすくなります。また感染もしやすいため、発症している人にはむやみに近づかないほうが良いでしょう。

またヘルペス治療は、ある程度費用が自己負担が必要です。性器ヘルペス口唇ヘルペスは再発もしやすいので、常備しておきたい所なのですが、コストを考えると割高であるといえます。そこでジェネリックを処方してもらうという手があります。ゾビラックスにもジェネリックはあります。アシビルという製品名で販売されており、同様にヘルペスや帯状疱疹症状・水ぼうそうなどに有効です。アシビルの製造販売を行っているのはシプラ社です。この企業はインドに本社を置くジェネリック製造に特化している製薬メーカーで、インド国内のみならず世界中でその品質を認められています。

バルトレックスの効果・効能

バルトレックスは抗ウイルス薬、特にヘルペスへ有効的である事が知られています。製造・販売はグラクソ・スミスクラインです。GSKは同じくヘルペスに有効的な薬であるゾビラックスも製造しています。主成分は塩酸バラシクロビルといい、初期症状に服用するとウイルスが増えることがなくなり次第に収まります。

というのも、ウイルスは自身のコピーを作っていき増殖を繰り返します。その際に毒素を出し、人間の細胞を傷つけてしまいます。それがいわゆるヘルペスの症状になってしまうのです。ヘルペスの症状とは始めに小さな発疹ができ、それが大きくなり水ぶくれの状態になって破れる。といったものです。

バルトレックスはウイルスのコピー、別の言い方をすれば複製を抑えるための薬です。複製が抑えられるとウイルスは活動を停止します。そして段々とウイルスの数が減っていくのです。増殖は1日経ってしまうとかなりの数になり、それを抑えるのもなかなか容易ではありません。そのため症状を感じ始めたらすぐに服用がすすめられます。

ゾビラックスよりも少ない回数

ゾビラックスよりも少ない回数

服用回数は1日2回で、1回につき1錠服用します。朝と夜に飲めば都合が良いのではないでしょうか?ゾビラックスとは違い、少ない服用回数かつ非常に効き目も良い、いわば改良されたものといえるのがこのバルトレックスなのです。こういったものをプロドラッグ、と呼びます。プロドラッグというのは薬に膜が張ってあり患部に届くとそれが無くなるため、薬効成分が効率よく吸収されるのです。

しかし副作用が起こることもあります。一応気に留めておいたほうが良いでしょう。良く挙げられる症状には、頭痛・腹痛・吐き気・めまい・下痢などです。水を多めに飲むと代謝が早まりますので発現する確率も低くなります。とはいえ、バルトレックスはもともと副作用も出にくいものです。もし気になる方が入ればこのような方法を実践してみてください。また食前よりも食後に服用をした方が腹痛などが起こりにくいのでこちらも気に留めておいてください。

ジェネリックを購入する方法

海外製のジェネリックを購入する場合は病院処方よりも、海外医薬品を販売している通販サイトを利用すれば価格を抑えて購入することが可能です。再発した時のことを考えて常備しておくなら、ジェネリック、そして通販サイトを利用した方がおすすめだといえます。
症状の出方や、出た場所が悪ければ、稀なケースですが入院する事があるかもしれません。初めて感染した人はまずは病院で検査をしてもらうのがきちんとした治療につながり、早い段階で回復できると思います。さらに肝臓や腎臓に疾患がある方や小さなお子様、高齢者の方が使用する場合には注意が必要です。腎臓が悪い場合、薬の代謝が遅れることがありますので、医師と相談しながら、服用間隔を広げたりし、慎重に使う必要があります。

ゾビラックスは副作用はあまり出ないといわれていますが、医薬品のため必ずしも無いとはいえません。主な副作用は、下痢、吐き気、頭痛やめまいなどが挙げられます。また薬の飲み合わせによっては、副作用が出やすくなり、痛風や胃の薬などです。

必ず治療をすることが必要

必ず治療をすることが必要

先述の通りヘルペスのウイルスは非常に強力であり、人から人へ感染します。また症状が出てから放置してしまうと、悪化しますし、身体に跡が残る場合もあります。なので、早期に薬でウィルスの増殖を防ぎ、きちんと治療しましょう。3日間経つと医薬品も有効ではなくなってしまうそうなので体にピリピリとした痛み、チクチクした痛みが感じられおかしいなと思ったら医療機関へ行かれることをおすすめします。

また再発を繰り返しやすい人は、海外医薬品の通販サイトであらかじめ購入しておいて使って行くのが一番賢明かもしれません。何回もお伝えしていますが、早くに対処すればそれだけすぐに治りますし、ひどくなると痛みで耐えられません。

ゾビラックスの通販ならお薬なび