ヘルペス薬・ゾビラックス

ゾビラックス

ゾビラックスはアシクロビルを有効成分に含む「第一世代の抗ウイルス薬」です。このアシクロビルの作用により、口唇ヘルペスや性器ヘルペスなどの原因となるヘルペスウイルスを阻害し増殖を防ぐ抗ウイルス作用があります。
また小児期にかかりやすい水ぼうそうや、帯状疱疹(たいじょうほうしん)の治療にも効果があります。病気を発症してすぐのウイルスの少ない時期に使用すると効果が大きく、症状の悪化を防ぐことができます。
有効成分のアシクロビルは水に溶けやすい特徴があり、多くの量を服用することによりさらに効果を高めることもできます。しかし定められた用量があるので、過剰に飲めば副作用が起こる危険もあるので注意してください。

ゾビラックスは内服薬(飲み薬)や点滴で使用する注射薬、さらには外用薬(塗り薬)があります。内服薬や点滴薬は医療用医薬品のため、海外通販や個人輸入あるいは病院でしか入手できません。外用薬は一般用医薬品に分類されるので、薬局やドラッグストアで市販されています。
どれも効果や効能に違いはなく、成分にアシクロビルが含まれておりヘルペス薬として使用されています。点滴薬や外用薬は手間がかかり危険性もともなうので、内服薬のほうが人気があり多くの人に使用されています。

ヘルペスウイルスに効果的

ヘルペスはヘルペスウイルスが原因となり発症します。ウイルスとは細菌と違って、目に見えないものすごく小さな微生物です。細菌より小さいので、体のいたるところに侵入し、その際には痛みや痒みをともなう赤い発疹が出るのが特徴です。感染力も非常に強いので、患部の接触や性行為で感染するので、感染した場合はすぐに治療を始める必要があります。
そのため、性行為を行う際にはコンドームを装着してから及んでください。そして、パートナーのどちらかが感染した場合はきちんと伝えてください。情報を共有するだけでも感染の拡大を防ぐ事ができます。

症状としては発疹が出来てそれが次第に集まっていきます。すると大きくなっていき、やがて破れてしまって中から透明な体液が出てきます。場合によっては出血をすることもあります。
順番として、ニキビのような赤い発疹が体または性器に出始め、水ぶくれのようになり、最終的には破れて痛みを伴います。体液にはヘルペスウイルスが潜伏していますので、感染していない人に触れさせないようにしなければなりません。
何かしらの措置を取らなければウイルスはどんどん増殖し、症状の悪化に繋がるため非常に辛い思いをしなければなりません。抗ウイルス薬を使わないと治療はできず、回復までには日数もかかります。

ゾビラックスは抗ウイルス薬の中では、非常に効果があるとして知られています。人類初の抗ウイルス薬と呼ばれる「アシクロビル」を成分に含み、世界的にも高い知名度を誇っています。
製造元は、イギリスに拠点を置くグラクソ・スミスクライン社です。グラクソ・スミスクライン社はゾビラックスだけでなく、AGA治療薬や気管支喘息治療薬なども製造販売しており世界的にも有名な製薬会社です。系列として日本にも東京に拠点を置く、グラクソ・スミスクライン株式会社があります。
ヘルペスは、抗ウイルス薬を飲むのが早ければ早いほど治りやすい病気です。苦しみからなるべく早く解放されるには、体に異変を感じたら即座に飲まなければなりません。
ゾビラックスはヘルペスウイルスに効果的な薬で、症状が治まった人が何人もいます。「ヘルペスの治療をしたい!」「万が一のために携帯しておきたい!」などとお考えの人にはオススメの薬です。

>>ゾビラックスの通販はコチラから

ゾビラックスの飲み方・副作用

ゾビラックスは服用回数が非常に多く、1日に4~5回も服用しなければなりません。そのため飲み忘れる方も多く、治療が疎かになる事も多いので、自己管理をしっかりして根気強く治療をしていきましょう。
この薬はウイルスを防ぐものであって、完全に消滅させるものではありません。ヘルペスウイルスに感染してしまうと一生涯体内の中に潜伏しているという事になります。
健康であるならばそれは悪さをせず休息している状態ですので何も起こりません。しかしひどく疲れていたり免疫力が低下していると、症状がでやすくなります。また感染もしやすいため、発症している人にはむやみに近づかないほうが良いでしょう。

副作用の少ない薬として知られてますが、用法・用量を誤ると起こることもあります。「鼻づまり」「吐き気」「めまい」「だるさ」「動悸」「下痢」などが主な症状です。
重篤な症状の副作用が起こることは稀ですが、あまりにも多く飲みすぎるとうつ病や依存症などの神経障害が起こることもあります。用法・用量は必ず守ってください。
注意点として、高齢の方や臓器に疾患をお持ちの方は服用前には医師に相談してください。特に腎臓を患ってる方は、ゾビラックスが体外に排出されるのが遅れる可能性もあります。そのため、間隔をあけるなど服用を慎重にしなければなりません。
飲み合わせの悪い薬として「喘息治療薬テオドール(テオフィリン)」「痛風治療薬ベネシッド(プロベネシド)」「免疫抑制薬セルセプト(モフェチル)」「胃薬のタガメット(シメチジン)」などあります。これらを併用すると、副作用がでやすくなることもあるので注意してください。

ジェネリックを購入する方法

ヘルペス治療は、ある程度費用が自己負担が必要です。口唇ヘルペスや性器ヘルペスは再発もしやすいので、常備しておきたい所なのですが、コストを考えると割高であるといえます。
そこでジェネリックを処方してもらうという手があります。ゾビラックスにもジェネリックはあります。アシビルという製品名で販売されており、ゾビラックスと同様の効果・効能があります。
アシビルの製造販売を行っているのはシプラ社です。この企業はインドに本社を置くジェネリック製造に特化している製薬メーカーで、インド国内のみならず世界中でその品質を認められています。

海外製のジェネリックを購入する場合は病院処方よりも、海外医薬品を販売している通販サイトを利用すれば価格を抑えて購入することが可能です。再発した時のことを考えて常備しておくなら、ジェネリック、そして通販サイトを利用した方がオススメだといえます。
症状の出方や、出た場所が悪ければ、稀なケースですが入院する事があるかもしれません。初めて感染した人はまずは病院で検査をしてもらうのがきちんとした治療につながり、早い段階で回復できると思います。
さらに肝臓や腎臓に疾患がある方や小さなお子様、高齢者の方が使用する場合には注意が必要です。腎臓が悪い場合、薬の代謝が遅れることがありますので、医師と相談しながら、服用間隔を広げたりし、慎重に使う必要があります。
ゾビラックスは副作用はあまり出ないといわれていますが、医薬品のため必ずしも無いとはいえません。主な副作用は、下痢、吐き気、頭痛やめまいなどが挙げられます。また薬の飲み合わせによっては、副作用が出やすくなり、痛風や胃の薬などです。

先述の通りヘルペスのウイルスは非常に強力であり、人から人へ感染します。また症状がでてから放置してしまうと、悪化しますし、身体に跡が残る場合もあります。なので、早期に薬でウィルスの増殖を防ぎ、きちんと治療しましょう。
3日間経つと医薬品も有効ではなくなってしまうそうなので体にピリピリとした痛み、チクチクした痛みが感じられおかしいなと思ったら医療機関へ行かれることをオススメします。
また再発を繰り返しやすい人は、海外医薬品の通販サイトであらかじめ購入しておいて使って行くのが一番賢明かもしれません。何回もお伝えしていますが、早くに対処すればそれだけすぐに治りますし、ひどくなると痛みで耐えられません。

ヘルペス薬・バルトレックス

バルトレックス

バルトレックスは、口唇ヘルペス性器ヘルペスなどのヘルペスウイルスに効果のある抗ウイルス薬です。「第一世代の抗ウイルス薬」ゾビラックスを改良し、体への吸収率を高め飲む回数を少なくした「第二世代の抗ウイルス薬」です。
飲むタイプの薬なので、注射剤などに比べて安全性が高いのも特徴としてあげられます。

バルトレックスはヘルペスウイルスのコピー、言い方を変えれば増殖を抑えるための薬です。増殖が抑えられるとウイルスは活動を停止し、次第に数が減っていきます。1日経過するだけでかなりの数が増殖するため、抑えるのは容易ではありません。
そのため、口周りに水ぶくれができたり性器周辺に痒みがでると即座に飲まなければなりません。

バルトレックスの効果

バルトレックスは有効成分にバラシクロビル塩酸塩を含み、小児~成人にまで効果があります。有効成分の働きにより、体内の細胞を内部から活性化しウイルスの複製を阻害します。
病気を発症してからすぐに服用するのが最も効果が大きく、病気の広がりを最小限に抑えることができます。症状が悪化した状態なら、治癒までの期間を1~2週間ほど早めることもできます。
バルトレックスは体内への吸収が早く、服用後約2時間経過すると効果がではじめます。持続時間は「6~8時間」ほどあり、8時間を超えると効果が下がります。そのため、1日に数回服用しなければなりません。
しかしながら、バルトレックスにはヘルペスウイルスを体内から根絶させる効果はなくあくまで症状を緩和させるのみです。現代医学を持ってしても、ウイルスを体内から根絶させることは困難で再発を繰り返します。

口唇ヘルペスや角膜ヘルペスの原因となる「単純ヘルペスウイルス1型」、性器ヘルペスの原因となる「単純ヘルペスウイルス2型」さらには、水ぼうそうや発疹の原因となる水痘・帯状疱疹ウイルスにも効果があります。
特に性器ヘルペスに対して効果が大きく、再発を抑制するために服用することもあります。予防として継続的に服用することで、1年間で病気になる割合を約40%下げることができます。
注意点として、性器ヘルペスがパートナーへ感染するリスクを避けるため性行為中はコンドームの使用を推奨する旨の記載がバルトレックスの添付文書にもあります。ヘルペスウイルスに対してのみ効果があるので、病原体の異なる他の性病に対しては効果はありません。

また、小児期に発症しやすい水ぼうそうに対しても大きな効果があります。水ぼうそうは1~5歳の子供がなりやすい病気で、水痘・帯状疱疹ウイルスによる感染症です。。免疫力の低下から発症することもあり、高熱や強い痒みをともないます。そのままにしておくと危険な状態になりかねないので、何かしらの対策は必要です。
症状に少しでも思い当たる節があれば、無理をせずバルトレックスのご利用をオススメします。

バルトレックスの飲み方

バルトレックスは「500mg」と「1000mg」の錠剤が販売されています。500mgのサイズは、(長径)18mm×(短径)7mmと大きめに作られています。バルトレックスはゾビラックスと異なり、飲む回数が少なく体への吸収率が高い薬でプロドラッグと呼ばれることもあります。症状により1日に飲む回数が異なり、飲み合わせの悪い薬もあります。
「単純ヘルペス(1型・2型)は500mgを1日2回服用」「性器ヘルペスは500mgを1日1回服用」「水痘・帯状疱疹は1000mgを1日3回服用」します。8~12時間効き目が持続し、症状が少しずつ緩和されていきます。

※参考:プロドラッグの詳細-日本薬学会

注意点として、小児が飲む際の適応体重は40kg以上で、1歳未満の乳児に対しての安全性は確立されていません。授乳中や妊娠中の女性の方は、服用の際は必ず医師に相談してください。
持病やアレルギーをお持ちの人も、ご自身で判断せず医師に相談してください。ご自身の判断で飲むと、副作用を起こしたり症状が治らないこともあります。

飲み合わせの悪い薬として、「気管支喘息の薬テオフィリン」「痛風やペニシリンの薬プロベネシド」「胃潰瘍の薬シメチジン」「臓器や肺の薬ミコフェノール酸モフェチル」などあります。
これらをバルトレックスと併用すると重篤な副作用を起こしたり、患ってる病気がさらに悪化することもあります。病気を治そうと薬を飲んだのに、さらに悪化しては元もこともありません。くれぐれも飲み合わせには注意してください。

ゾビラックスとバルトレックスの比較

比較

「第一世代の抗ウイルス薬ゾビラックス」「第二世代の抗ウイルス薬バルトレックス」、この2つのヘルペス薬の比較を以下に掲載してるので参考までにご覧ください。

ゾビラックスバルトレックス
阻害ウイルス 単純ヘルペスウイルス1型・2型
水痘・帯状疱疹ウイルス
単純ヘルペスウイルス1型・2型
水痘・帯状疱疹ウイルス
有効成分 アシクロビルバラシクロビル
副作用 胃腸や皮膚に症状がでやすい胃腸や皮膚に症状がでやすい
1日の服用回数 4~5回1~3回
用量 200mg/400mg/800mg500mg/1000mg
1錠の単価
(通販)
80~260円150~290円

効果的なのはバルトレックス

ゾビラックスとバルトレックス共に、阻害できるウイルスや副作用に違いはありません。ともにヘルペス薬として使用でき、口唇ヘルペスや性器ヘルペスなどの症状を緩和してくれます。
注目していただきたい点は、成分と1日の服用回数です。バルトレックスの成分のバラシクロビルは、ゾビラックスの成分のアシクロビルに比べて体への吸収率が高くなります。体への吸収率が高い分、ヘルペスウイルスに対しての作用も高まることになります。このため、作用時間も長く1日の服用回数も少なくてすみます。
1日5回も服用となれば、飲み忘れることもあると思います。ヘルペスは薬は、飲むのが早ければ早いほど効果が大きくなります。このため、もし飲み忘れなどをすると回復が遅くなることもあります。
自己管理をしっかりして服用回数を守れればゾビラックスでも良いですが、できるだけ手間をかけずに服用回数を減らしたい人にはバルトレックスのご使用をオススメします。

>>バルトレックスの通販はコチラから

これらのヘルペス薬は、病院で処方を受けることもできます。ヘルペス治療は症状により内科・皮膚科・泌尿器科を選ばなければなりません。 例として口唇ヘルペスなら内科や皮膚科、性器ヘルペスなら皮膚科や泌尿器科などで治療を受けることができます。自身の症状をしっかり把握した上で病院に行かなければ、無駄な出費になることもあります。
中には健康保険の適用ができなく全額自己負担をしなければならないこともあります。自由診療だと病院独自で値段を決めることもできるので「A病院は5,000円」「B病院は8,000円」と1回の通院費が異なることさえあります。
上記表の単価は通販の単価です。病院の1錠あたりの単価は、500円以上になることもあります。ヘルペス薬は初期症状の段階で飲むのが、最も効果があります。また一度体内に侵入したウイルスを撲滅させることは難しく、再発する可能性もあります。
予防として数錠でも手元にあれば、安心感は増すことでしょう。できるだけ安く済ませたい方や予防として薬を手元に置いておきたい人は、24時間いつでも購入できる通販のご利用をオススメします。病院に行く暇がなく忙しい方も、空いた時間で手軽に購入できます。

ゾビラックスとバルトレックスどちらを購入しようか迷われてる人や、使用者の口コミを知りたい人は下記からご覧になることができます。また恥ずかしながら、筆者がヘルペスを経験した体験談も記載してるので、参考までにご覧ください。

女性 満足度★★★★★
ヘルペスをたびたび再発してもう3年余り…始めはゾビラックスを使ってたけど、バルトレックスに変更したことで治りが早くなりました。 飲む回数も少なく、忘れる心配もありません。バルトレックスの存在をもう少し早く知りたかったです。…[もっと読みたい方はコチラ]