管理人のヘルペス体験

自分で行えるヘルペス予防

自分で行えるヘルペス予防

ヘルペスを治療する方法としては、ゾビラックスなど治療薬を使うことが唯一の方法です。放っておいても自然に治るどころか余計に悪化します。そのため病院へ行く時間がない人にとっては少々厄介な症状と言えそうです。海外医薬品を販売している通販サイトを利用すればそういった時間を気にすることなく到着まで待てば問題ありません。しかし到着までに時間がかかります。再発に関してであればストックという意味で大きく役立ちます。

そもそも発症しないのが一番ですので、ウイルスと接触さえしなければクリアできます。とはいえ日常生活を送る中で人との接触を避ける、というのは至難の業です。そこでヘルペスを予防し、ウイルスに強くなるためにどのような事をすればよいのかを調べてみました。

そのためには抵抗力を高めることが最も簡単かつ有効ではないでしょうか?それがリジンという成分です。必須アミノ酸であるリジンはブドウ糖の代謝を良くする、カルシウムの吸収を促進するなどの効果があります。そば、肉類、魚介類、大豆類などに多く含まれています。特にそばには多くのリジンが含まれています。夏場など冷やして食べるのがおすすめです。

その逆にヘルペスウイルスを増やす成分はアルギニンと言われています。こちらも重要な栄養素なのですがあまり多く摂り過ぎてしまうと発症の原因となってしまいます。アルギニンを多く含む食材にはピーナッツ、チョコレートなどです。そのアルギニンを抑制するのがリジンです。何事もバランスが大事ですので一切アルギニンを摂取しないとまた違う症状が起きる可能性もありますのであまり神経質に考えないようにしましょう。

ウイルスを保持している人は、紫外線による刺激でもそれが活性化してしまうこともあります。特に日差しの強い夏場には日焼け止めクリームを使い紫外線をカットしていくことが大切です。帽子をかぶるのも良いですし、暑いですが長袖を着るのも有効です。紫外線対策も実はかなり再発を抑えるのに役立ちます。

最も感染の原因として挙げられる接触感染を防ぐには、手洗いの徹底をすることで大幅にその可能性を減らせます。直接患部を触った手で至る場所を触ってしまうと、ウイルスがくっついてしまうことがあります。それを防ぐにはこの方法が簡単であり、重要です。特に抵抗力が弱い小さな子供がいる人にとっては毎回徹底することにより二次感染を防ぐことが可能になります。