管理人のヘルペス体験

ヘルペスウイルスの感染経路

ヘルペスウイルスの感染経路

ヘルペスウイルス、中でも口唇ヘルペス及び性器ヘルペスは感染力がとても強く、気付かぬうちに感染している場合があります。この2つの症状は単純ヘルペスとも呼ばれており、それぞれ単純ヘルペスウイルス1型、そして2型によって発症します。人から人へと移ると言われるヘルペスウイルスは、どのような経緯により感染するのでしょう?

接触感染が最も多い

最も多い原因として挙げられるのが、接触感染です。症状、つまり水ぶくれが確認されるときにはウイルスが放出されている状態と思っていて下さい。患部を触れた手を洗わずにそのまま他人へ触ってしまう。もしくは使ったタオルや食器などから。そしてキスをすることによっても感染するので、恋人や家族は特に気を付けましょう。

こちらは口唇ヘルペスの場合で、性器ヘルペスは性感染症のためセックスを行い直接粘膜が触れてしまう事により感染します。またセックスに準じる行為であるオーラルセックス(フェラチオやクンニリングスのこと)によっても感染もします。例えば自分は健康状態であっても、相手が口唇ヘルペスを罹患しており接触があれば感染するのです。

上記の例に挙げたように例え健康状態であっても関係ありません。皮膚及び粘膜に傷がある時や、風邪を引いていたり疲労が溜まっていれば、もっとその確率は高くなります。そしてアトピー性皮膚炎の方は重症化してしまう可能性が高いので気をつけて下さい。

そしてヘルペスウイルスに感染してしまうと、例えが悪いですが一生ウイルスを保持することになります。ヘルペスウイルスは死滅しないため、再発をしてしまうのです。では普段どこに存在しているかというと神経節(神経細胞が集まっている場所)に潜伏し活動を休止しています。抵抗力が弱まったり、なんらかの刺激によりその活動を再開させウイルスとなって再び症状を起こすのです。

先程、キスによっても感染すると記述をしましたが患部以外にもウイルスは潜伏しています。唾液を始め、粘膜や精液などにも存在します。性器ヘルペスは特に接触が顕著ですので、発症した、あるいは相手が発症しているときは性行為を行わないことが最も良い予防法といえます。