ヘルペスの感染経路と原因や空気感染

ヘルペスの感染経路

男性

ヘルペスウイルスの感染力はとても強く、気づかないうちに感染してることが多くあります。何気ない日常で感染することもあり、人から人へとウイルスがうつります。
病気を発症してる人はもちろんのこと、発症してる人と接触する場合も何かしらの対策をしなければ感染する確率が高まります。子供にも感染することもあるので、一緒に住んでる人は特に注意が必要です。
ウイルスは、健康状態に関わらず感染します。風邪を引いたり疲労がたまってる状態だと、抵抗・免疫力が低下するので感染率はさらに高まります。感染しないためにも、原因を知ることは非常に重要です。

感染の原因

ヘルペスウイルスの種類はさまざまあり、代表的なウイルスは「単純ヘルペスウイルス1型・2型」と「水痘・帯状疱疹ウイルス」です。感染したウイルスの種類で、症状が異なり病名も違います。
感染する原因として最も多いのが接触感染です。性行為やキスで感染したり、発症してる患部にふれただけで感染することもありますす。直接的な接触だけでなく、タオル・グラスやトイレの便座などを通して間接的に感染することもあります。

単純ヘルペスウイルス1型は口唇ヘルペスの原因となり、口の周りに水ぶくれなどができます。水ぶくれが確認できる場合は、常時ウイルスを放出してる状態になります。
この状態でキスをしたりタオル・グラスを使用しても洗わないで他の人が使うと、感染率がかなり高まります。恋人や家族とお住まいの人は、感染しないよう接触を避けたりマスクなどを着用してください。

単純ヘルペスウイルス2型は性器ヘルペスの原因となり、性器周辺に激しい痛みや痒みがでてきます。性行為によって感染することが多く、オーラルセックス(フェラチオやクンニリングス)でも感染することがあります。
病気を発症してる期間は、できるだけ性行為を避けてください。愛する人との性行為を我慢するのは辛いかと思いますが、それは愛する人を守るための行動です。

※参考:オーラルセックスによる性感染症に関するQ&A-厚生労働省

水痘・帯状疱疹ウイルスは、子供に感染しやすいウイルスで水疱瘡(みずぼうそう)などの原因となります。水ぶくれにふれることにより感染する確率が高まり、病気を発症すると40度近い高熱がでることもあります。
水疱瘡は生涯で1回しかならない病気と言われており、1回発症して治ると抗体ができ2回目を発症することはないとされています。子供の頃に発症すると、大人になってウイルスにふれたとしても感染することはありません。

もし水疱瘡になったら、早急に治療をする必要があります。水疱瘡は、早期に治療を開始したほうが治るのも早くなります。
まだかかったことのない小さなお子さまがいる人は、いつなっても良いようにバルトレックスやゾビラックスを常備されることをおススメします。
バルトレックスやゾビラックスは、ウイルスの増殖を防ぐ抗ウイルス作用があり症状を緩和してくれます。詳細を知りたい人は、下記リンク先にてご確認できます。

バルトレックスとゾビラックスの詳細はコチラ

ヘルペスの空気感染

「病気の人が側にいるだけで感染する?」「病気の人は避けなければいけない?」などと、空気を通してで感染することを恐れてる人もいるのではないでしょうか?
結論から言いますと、空気が原因で感染することはありません。側にいても、患部にふれさえしなければ問題ありません。
しかしながら、咳などをしたことでウイルスが咳に混ざり「飛沫感染」することはあります。ウイルスを含んだ唾液が皮膚に付着し、体内に侵入すると感染する確率が高まります。
飛沫感染を防ぐにはマスクなどを着用し、咳をする時は下を向くなど人がいない方向でしましょう。病気を発症してる期間は、できるだけ人との接触を避けたほうが無難です。

ヘルペスウイルスは、非常に強い感染力があります。しかし、この感染力が表面化するのは病気を発症した時のみです。
健康な状態なら、体内にウイルスが潜んでいたとしても感染することはありません。発症してない時のウイルスは、神経節(神経細胞が集合してる場所)に潜伏し活動を休止しています。
ヘルペスウイルスに一度感染すると、体内からウイルスを完全に除去することは難しく病気が治っても再発することもあります。
ウイルスの活動を抑制するためにも、常日頃からヘルペスの予防を心がけなければなりません。

ヘルペスの予防はコチラ

もし感染したら?

女性

いくら気をつけていても、ヘルペスウイルスに感染することはあります。もし感染したらウイルスが数日~数週間潜伏した後、活動が活発になり皮膚に水ぶくれや発疹がでてきます。
症状は激しいかゆみや痛みをともない、重くなると40度を超える高熱がでることもあります。

もし病気になるとまず考えることといえば、「病院に行く」「薬を飲む」などではないでしょうか?一般的には口唇ヘルペスは皮膚科や内科、性器ヘルペスは泌尿器科や産婦人科で受診できます。
症状のでる部分はさまざまで口や眼・性器周辺、中には腕や手・背中にまででることもあります。症状を正しく把握していれば問題ありませんが、受診する科を間違えれば適切な治療ができないこともあり無駄な出費をすることもあります。中には紹介状を書いて、他の病院に回されることもあります。

一度感染すると、ウイルスを完全に除去するのはかなり困難をきわめます。世界的にも、ウイルスを体内から完全に除去できた例は存在しません。
ヘルペスは再発を繰り返す病気で、薬による治療が一般的です。早い段階で服用すればするほど効果が大きく、治るまでの期間も短くなります。
再発するたびに病院に行くとなると、金銭的な負担も相当になります。肉体的ダメージだけでなく、精神的なダメージを受ける人もいることでしょう。

金銭的な負担を減らすには、通販購入が最適です。500mgのバルトレックスを例にあげると、下記のように購入量が増えるごとに1錠あたりの値段が安くなります。
・6錠/1,140円/1錠あたり190円
・12錠/2,050円/1錠あたり170円
・24錠/3,650円/1錠あたり152円

口唇ヘルペスや性器へルペスなら、500mgを1日2回服用が基本です。症状にもよりますが10日ほどで治まることが多く、20錠ほど手元にあれば問題ありません。再発の場合は、軽い症状で治るまでの期間が短くなり服用量少なくなります。
バルトレックス500mgの24錠入りを購入すれば3,650円です。病院に行くとなると、診察費や検査費などもかかり予想以上に費用がかかることもあります。

値段に関して安いか?高いか?と思う感覚は人それぞれでしょうが、病院に比べればお手頃な値段だと思います。
ヘルペスは、薬を飲むのが早ければ早いほど治りやすい病気です。通販は届くのに時間がかかるので、手元に薬がなければ病院にいかなければなりません。
しかしながら、再発などを想定してあらかじめ薬を手元に置いておけば出費は減ります。できるだけ安くすませたい人には、通販購入が最適です。

バルトレックスの通販はコチラ

リターン