ヘルペスの感染経路

男性

ヘルペスウイルスの感染力はとても強く、気づかないうちに感染してることが多くあります。何気ない日常で感染することもあり、人から人へとウイルスがうつります。
病気を発症してる人はもちろんのこと、発症してる人と接触する場合も何かしらの対策をしなければ感染する確率が高まります。子供にも感染することもあるので、一緒に住んでる人は特に注意が必要です。
ウイルスは、健康状態に関わらず感染します。風邪を引いたり疲労がたまってる状態だと、抵抗・免疫力が低下するので感染率はさらに高まります。感染しないためにも、原因を知ることは非常に重要です。

感染経路と原因

ヘルペスウイルスの種類はさまざまあり、代表的なウイルスは「単純ヘルペスウイルス1型・2型」と「水痘・帯状疱疹ウイルス」です。感染したウイルスの種類で、症状が異なり病名も違います。
感染する原因として最も多いのが接触感染です。性行為やキスで感染したり、発症してる患部にふれただけで感染することもありますす。直接的な接触だけでなく、タオル・グラスやトイレの便座などを通して間接的に感染することもあります。

単純ヘルペスウイルス1型は口唇ヘルペスの原因となり、口の周りに水ぶくれなどができます。水ぶくれが確認できる場合は、常時ウイルスを放出してる状態になります。
この状態でキスをしたりタオル・グラスを使用しても洗わないで他の人が使うと、感染率がかなり高まります。恋人や家族とお住まいの人は、感染しないよう接触を避けたりマスクなどを着用してください。

単純ヘルペスウイルス2型は性器ヘルペスの原因となり、性器周辺に激しい痛みや痒みがでてきます。性行為によって感染することが多く、オーラルセックス(フェラチオやクンニリングス)でも感染することがあります。
病気を発症してる期間は、できるだけ性行為を避けてください。愛する人との性行為を我慢するのは辛いかと思いますが、それは愛する人を守るための行動です。

※参考:オーラルセックスによる性感染症に関するQ&A-厚生労働省

水痘・帯状疱疹ウイルスは、子供に感染しやすいウイルスで水ぼうそうなどの原因となります。水ぶくれにふれることにより感染する確率が高まり、病気を発症すると40度近い高熱がでることもあります。
水ぼうそうは生涯で1回しかならない病気と言われており、1回発症して治ると抗体ができ2回目を発症することはないとされています。子供の頃に水ぼうそうを発症すると、大人になってウイルスにふれたとしても感染することはありません。

もし水ぼうそうになったら、早急に治療をする必要があります。水ぼうそうは、早期に治療を開始したほうが治るのも早くなります。
まだかかったことのない小さなお子さまがいる人は、いつなっても良いようにバルトレックスやゾビラックスを常備されることをおススメします。
バルトレックスやゾビラックスは、ウイルスの増殖を防ぐ抗ウイルス作用があり症状を緩和してくれます。詳細を知りたい人は、下記リンク先にてご確認できます。

バルトレックスとゾビラックスの詳細はコチラ

ヘルペスは空気感染する?

女性

「病気の人が側にいるだけで感染する?」「病気の人は避けなければいけない?」などと、空気を通してで感染することを恐れてる人もいるのではないでしょうか?
結論から言いますと、空気が原因で感染することはありません。側にいても、患部にふれさえしなければ問題ありません。
しかしながら、咳などをしたことでウイルスが咳に混ざり「飛沫感染」することはあります。ウイルスを含んだ唾液が皮膚に付着し、体内に侵入すると感染する確率が高まります。
飛沫感染を防ぐにはマスクなどを着用し、咳をする時は下を向くなど人がいない方向でしましょう。病気を発症してる期間は、できるだけ人との接触を避けたほうが無難です。

ヘルペスウイルスは、非常に強い感染力があります。しかし、この感染力が表面化するのは病気を発症した時のみです。
健康な状態なら、体内にウイルスが潜んでいたとしても感染することはありません。発症してない時のウイルスは、神経節(神経細胞が集合してる場所)に潜伏し活動を休止しています。
ヘルペスウイルスに一度感染すると、体内からウイルスを完全に除去することは難しく病気が治っても再発することもあります。
ウイルスの活動を抑制するためにも、常日頃からヘルペスの予防を心がけなければなりません。

ヘルペスの予防はコチラ