管理人のヘルペス体験

ヘルペスウイルスの種類

ヘルペスウイルスの種類

ヘルペスの原因とはウイルスに感染し、それが増殖してしまう事によって起こる症状だとお伝えしました。しかしその種類はいくつかあり、例えば口唇ヘルペスと性器ヘルペスは厳密に言えば違う種類のウイルスだということをご存知でしたか?この項ではその種類についていくつかご説明をしていきたいと思います。ではまずは先程にも例に出した、特に有名な症状のウイルスから行きたいと思います。

単純ヘルペスウイルス1型

症状の中で最も知られている口唇ヘルペスの原因となり、他にもヘルペス性歯肉口内炎や角膜ヘルペスの原因になります。口唇ヘルペスの症状としては、口の周辺に水ぶくれが発生、痒み・痛みが起きるのが特徴です。しばらくすると水ぶくれは破れてしまい、かさぶた状となります。おおよそ1~2週間で収まりますが、再発の恐れが最も高い症状といえます。

単純ヘルペスウイルス2型

性感染症である性器ヘルペスを発症させるウイルスです。症状としては性器やお尻に赤い発疹、水ぶくれが起こります。日時が経過するとかさぶた状になり、次第に症状が収まります。こちらも再発の危険性が高いため、発症している時には性交渉を行わないようにしなければなりません。

水痘・帯状疱疹ウイルス

その名の通り、水ぼうそうと帯状疱疹の原因になります。この症状も実はヘルペスウイルスによるものなのです。水ぼうそうというものは、主に幼児に多くみられ、顔や手足に水ぶくれが発生し、上記の症状と同じようにやがて収まっていきます。しかし初めてかかった場合には高熱が出る可能性もあり、注意して見なければなりません。帯状疱疹は神経の片側に発生し、強い痛みを伴います。罹患する人は少ないと言われていますが、もし症状が出てしまった場合は早期の治療が必要です。

その他にもサイトメガロウイルス、エプスタイン・バーウイルス、ヒトヘルペスウイルス6型・7型・8型という種類があり、中でも特異的なのがヒトヘルペスウイルス8型です。カポジ肉腫という症状を起こします。エイズ患者に起こるのが特徴で、皮膚などに赤茶色の潰瘍が出来ます。これが悪性腫瘍となりやがて死に至ってしまうのです。

ゾビラックスの通販ならお薬なび