ヘルペスウイルスの種類や効果的な抗ウイルス薬

ヘルペスウイルスとは?

ヘルペスウイルス

ヘルペスウイルスは、親・兄弟・恋人など親密な間柄で感染することが多く愛のウイルスと呼ばれています。その感染力は非常に強く、性行為やキスなどによる接触感染やタオルやグラスなどを通して間接的に感染することもあります。
ヘルペスウイルスは人から人へ感染し、ヘルペスを発症する原因となります。また一旦症状が治まったとしても、ウイルスは体内に残り再発する可能性もあります。ヘルペスの感染経路については、下記リンク先からご確認できます。

ヘルペスの感染経路はコチラ

ヘルペスウイルスの種類

ヘルペスウイルスと言っても、種類は一つではありません。現在確認されているだけでも、人に感染するウイルスは8種類あります。
代表的なヘルペスの症状に、口唇ヘルペスや性器ヘルペスがあります。この2つの症状は、それぞれ別の種類のウイルスが原因となり発症します。

単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)

口唇ヘルペス・角膜ヘルペスや、単純ヘルペス脳炎・ヘルペス性歯肉口内炎・カポジ水痘様発疹症などの原因となるウイルスです。日本人の50~70%の人が、感染していると言われるほどの一般的な病気です。
一度感染すると体内から除去するのは難しく、再発を繰り返すことが多くあります。ストレスや疲労がたまったことによる免疫・抵抗力の低下からなることがあるので、発症を防ぐには日頃から日常生活の管理をしなければなりません。

口唇ヘルペスとは?

角膜ヘルペスとは?

単純ヘルペスウイルス2型(HSV-2)

性器・新生児ヘルペスや、ヘルペス髄膜炎・脊髄炎の原因となるウイルスです。日本人の5~10%の人が感染してると言われ、こちらも再発を繰り返すのが特徴です。
性器ヘルペスは女性のほうが男性より感染率が高く、20代の女性が最も多いと言われています。最近では、性行為の低年齢化により若年層でも感染者が多くいます。

性器ヘルペスとは?

水痘・帯状疱疹ウイルス

水疱瘡(みずぼうそう)や、帯状疱疹(たいじょうほうしん)の原因となるウイルスです。感染力が極めて強いウイルスで、幼児・小児を中心に感染します。
年間で数十万人の小児が水疱瘡になるとされ、高熱をともない重い症状になることもあります。生涯で1度しかならない病気とされ、1度なると抗体ができ以後発症することはありません。大人になってから発症すると、重症化して危険な状態になることもあります。
帯状疱疹は、水疱瘡にかかったことがある人なら誰でも発症する可能性があります。生涯で1度なるかならないかほど発症する確率は低いですが、免疫・抵抗力が低下したり高齢になると発症することもあります。

水疱瘡とは?

帯状疱疹とは?

上記の他にもサイトメガロウイルス・EBウイルスや、ヒトヘルペスウイルス6型・7型・8型のウイルスが存在します。代表的なウイルスほどの感染例はありませんが、脅威があるウイルスもいます。
特に脅威なのがヒトヘルペスウイルス8型で、カポジ肉腫という病気を発症することがあります。HIV(エイズ)患者に起こることが多く、皮膚に潰瘍(かいよう)と呼ばれる炎症ができることにより死に至ることもあります。

ヘルペスウイルスの検査

医者

上記のように、ヘルペスウイルスは8種類存在します。ウイルスに感染したとしても、どの種類のウイルスに感染してるかはご自身で判断することはできません。
感染に心あたりがあり、どの種類のウイルスに感染してるか知りたい場合は検査をすれば判別できます。検査はウイルスの判別だけでなく、治療の一貫としてすることもあります。
基本的には、ヘルペスは皮膚科を受診すれば検査を受けれます。ヘルペスの検査は主に2種類あり、「ウイルス抗原検査」と「ウイルス抗体検査」があります。

ウイルス抗原検査

ウイルス抗原検査は、患部の細胞や分泌物からウイルスを発見します。検査方法には2種類あり、蛍光抗体法と分離培養法があります。
蛍光抗体法は、多くの病院で行われている方法で健康保険の適用ができます。1時間ほどで結果がでますが、皮膚症状が明確でないとウイルスを発見できないこともあります。分離培養法はほぼ確実にウイルスを発見できますが、健康保険の適用がなく結果が分かるには数日ほどがかかります。
検査をする場合は、費用も数万円と高額になる可能性もあるので医師としっかり相談の上で決めましょう。

ウイルス抗体検査

ウイルス抗体検査は、ヘルペスの症状がでてなくても血液検査で感染してるかどうかを判断できます。初感染時は抗体ができてないため、結果がでるまでには1週間~10日ほどかかります。
健康保険適用の場合は、単純ヘルペスウイルス1型と2型が区別でき感染の有無しか判断できません。1型と2型の判別をする検査もありますが、その場合は健康保険が適用できない検査になり費用も高額になります。

ヘルペス検査キット

ヘルペス検査キットを使えば、自宅でも検査できます。日本ではそれほど普及してませんが、アジア各国の病院や研究所などでは幅広く使われています。
ヘルペス検査キットは、薬局やドラッグストアでは市販されておらず主な入手先は通販です。体内に単純ヘルペスウイルス2型の抗体があるかどうかが分かり、10~15分ほどで感染の有無を確認できます。1型でなく2型のみの判別なので、口唇へルペスでなく性器ヘルペスに感染してるかどうかの判別になります。
下記に使い方を説明してるので、参考までにご覧ください。間違った方法で検査をすると正確な結果がでないこともあるので、ご使用の際は添付の説明書も必ずお読みください。

<ヘルペス検査キットの使い方>
1.検査キットの中身(アルコール消毒綿・血液試験カセット・テストカード・スポイド・安全針)がすべて入ってるか確認する
2.すべて入ってることを確認したら、アルコール消毒綿を指に塗布する
3.安全針の保護キャップをまっすぐ引き抜く
4.指先の中心(第一関節の中心部分)に針を優しく押し付ける
5.指に刺した後、気泡が入らないようにスポイドで血液を2~3滴採取する
6.スポイドで採取した後、血液試験カセット平らな場所へ置き1~2滴ほど円状のサンプル窓に垂らす
7.10~15分ほどで線が入り結果が判別できる

ヘルペス検査キット

このように結果がでるまでの所要時間は短く、性器ヘルペスになってるかどうか判別できます。値段は1箱2,700円なので、病院で検査するよりもかなり安くなっています。性器ヘルペスになったかどうかの判断や治療は、病院だと性器を見せる必要があります。いくら医者とはいえ、性器を見せるのに抵抗のある人は多いかと思います。
感染しているかどうか不安があると、性行為を楽しむことができず相手に不快感を与えることがあるかもしれません。性行為を楽しむためにも気になる人は、ヘルペス検査キットのご使用をオススメします。ヘルペス検査キットは、下記リンク先からお求めいただけます。

ヘルペス検査キットの購入はコチラ

ヘルペスウイルスに効果的な薬は?

ヘルペス薬

ヘルペスウイルスに最も効果的なのは、バルトレックスやゾビラックスなど抗ウイルス薬の使用です。8種類のウイルスに効果・効能があり、症状を和らげてくれます。
ウイルスに一度感染すると、生涯体内に住み着くと言われています。風邪を引いたりストレスがたまるとでやすく、その時の体調によって症状もさまざまです。
再発を繰り返すので、病院に行くのも面倒になり放置して治される人も多くいます。放置しても自然に治ることもありますが、再発を繰り返すうちに次第に症状が悪化することもあります。さらには、傷跡が残り一生消えないこともあります。
ヘルペスの放置と自然治癒の詳細は、下記リンク先にてご確認できます。

ヘルペスの放置と自然治癒はコチラ

上記のように放置して治すことは非常に危険で、適切な治療をしなければ最悪の事態になる可能性もあります。バルトレックスやゾビラックスなどの治療薬は、単純ヘルペスウイルス1型・2型や水痘・帯状疱疹ウイルスの増殖を抑え死滅させる効果・効能があります。
小児から大人まで幅広い適用範囲があり、万が一の事態に備えて持っておいても損はありません。ヘルペスは人に言いにくい病気なので、誰にも相談できずにそのまま放置することもあります。恥ずかしいからといって、病院に行くのをためらう人もいるのではないでしょうか?
そのような人には、誰にも知られることなく薬を購入できる通販のご利用をオススメします。症状が悪化する前に飲めば治りも早くなり、健康な日々を取り戻せるはずです。

バルトレックスの購入はコチラ

リターン